Need Help?

Criminology Research Center(CrimRC)

犯罪学研究センター

センター概要

犯罪学研究センター(CrimRC)とは

センター概要図

新時代の犯罪学創生プロジェクト
〜犯罪をめぐる「知」の融合とその体系化〜

2016年6月に開設された龍谷大学 犯罪学研究センター(CrimRC)は、犯罪予防と対人支援を基軸とする「龍谷・犯罪学」構築し、龍谷ブランドとして国内のみならず、海外にアピールしていきます。

本学は、40年余の長きにわたり、建学の精神を具現化する事業の一環として、犯罪や非行をおかした人たちの社会復帰を支援する矯正・保護事業を展開してきました。研究、教育、社会貢献を3本の柱として展開する 龍谷大学 矯正・保護総合センター(RCRC)は、日本で唯一の刑事政策に特化した私立大学附設の研究機関として、国の内外から注目を集めています。当センターの事業は、このような実績を踏まえつつ、犯罪予防と対人支援という視点から、犯罪をめぐる多様な「知」を融合する新たな犯罪学を体系化し、その知見をベースに、多様な犯罪現象をめぐる政策群を科学的に再編し、時代の要請に応える刑事政策の担い手を育成することを目的としています。

調査研究活動は、1)犯罪をめぐる「知」を対人支援を基軸に再編し、これを体系化する犯罪学標準カリキュラムの構築、2)公的機関による犯罪政策の評価とあるべき政策の提言、および3)犯罪学のリテラシーを身につけた政策の担い手の育成という3つのトピク(位相)で展開します。

  1. 犯罪をめぐる「知」の融合と体系化
  2. 犯罪政策の評価と提言
  3. 犯罪学リテラシーを身につけた政策の担い手を育成

みなさまにおかれましては、本事業の推進に、ご参加・ご協力いただきますようお願い申し上げます。

[関連サイト]

文部科学省:私立大学研究ブランディング事業

犯罪学研究センター PDF(平成28年度選定事業)

RYUKOKU VISION 2020

第5期長期計画
 Concept of Ryukoku 2020 -5th Master Plan:A Summary

[事業報告]

私立大学研究ブランディング事業2016年 進捗状況

私立大学研究ブランディング事業2017年 進捗状況

私立大学研究ブランディング事業2018年 進捗状況

犯罪学研究センター パンフレット

Criminology Research Center Pamphlet