Need Help?

Criminology Research Center(CrimRC)

犯罪学研究センター

国際 International

当センターは、諸外国の研究者や実務家、大学や研究機関との学術交流によって、日本の犯罪学を国際水準に引き上げるだけでなく、〈世界一安全な国〉における矯正・保護の集積した〈知〉を科学化し、海外に向けて発信することを目標としています。

国際調査・学会報告

国際学会報告

2017年度以降、研究メンバーの国際学会や国際シンポジウムでの報告件数が増加傾向にあります。Covid-19によるパンデミックの影響により、2020年度・2021年度は学会の大半が中止または延期を余儀なくされたものの、オンライン形式の学会・セミナー等を通じて日本独自の「犯罪学」の知見を、積極的に発信しています。

若手研究者の活躍

共同研究を通じて得られた知見について、若手研究者の学会報告を奨励すると共に、国際学会の渡航費助成などを複数行っており、「龍谷・犯罪学」の国際的な知名度の向上に努めてきました。その成果の1つとして、2020年7月にはブルースター博士研究員の論文が、犯罪学における世界的に有力な学術誌“British Journal of Criminology”に掲載されるという栄誉に浴しました。

国際調査「ISRD-JAPANプロジェクト」

国際比較を通じて、犯罪の加害・被害における国家間の相違点や共通点、傾向を明らかにすることを目的とした「国際自己申告非行調査(ISRD)」。現在、当センターの「犯罪社会学」ユニット、「意識調査」ユニットが協働でこのISRDに日本代表として参加し、2019年度には公立中学校でプレ調査を実施し、2020年度には国内学会報告、2021年度には国際学会報告を行っています。

シンポジウム・セミナー

グローバル・スタンダードの犯罪学をめざし、海外の研究教育機関との交流や、すぐれた研究者を招聘してシンポジウムやセミナーを多数開催しています。

主要な関連NEWS

ACS2020 大会成果報告

アジア犯罪学会 第12回年次大会(ACS2020) プログレスレポート

龍谷大学がホスト校となり、2021年6月18日〜6月21日の4日間にわたり国際学会「アジア犯罪学会 第12回年次大会(Asian Criminological Society 12th Annual Conference, 通称: ACS2020)」をオンラインで開催しました。2014年の大阪大会に次いで国内では2回目の開催となる今大会では、アジア・オセアニア地域における犯罪学の興隆と、米国・欧州などの犯罪学の先進地域との学術交流を目的としています。
大会の全体テーマには『アジア文化における罪と罰:犯罪学における伝統と進取の精神(Crime and Punishment under Asian Cultures: Tradition and Innovation in Criminology)』を掲げ、「世界で最も犯罪の少ない国」といわれる日本の犯罪・非行対策と社会制度・文化に対する理解を広めることを目指しました。

学術交流・国際交流

海外の研究者の受け入れ・委嘱

海外の犯罪学研究との学術交流の成果を踏まえ、積極的に学術交流を進めるとともに、海外の研究者を当センターの嘱託研究員等として受け入れています。現在までに、ポーランド、カナダ、スペイン、イギリスなどから研究員および学生インターンシップなどを受け入れています。また、アメリカ、韓国、英国、オーストラリアなどの研究者に嘱託研究員を委嘱しています。

カーディフ大学との連携

駐日欧州連合代表部が主宰するEUの新しい教育助成プログラム「エラスムス・プラス(Erasmus+)」の国際単位移動制度 (International Credit Mobility)の奨学金を取得し、2018年度にカーディフ大学・龍谷大学で学生と教員の交換協定を締結しました。この協定締結に基づき、2019年4月にはカーディフ大学犯罪学センターのスタッフ2名が来日し、2020年3月までに本学から教員1名が渡英しました。学生交流についても、本学から大学院博士課程在学者2名が渡英し、カーディフ大学から1名が来日し、当センターで研究を行いました。

「京都コングレス・ユースフォーラム」参加学生への支援

新型コロナの世界的なパンデミックにより、開催延期となっていた「京都コングレス(第14回国際犯罪防止刑事司法会議)」が2021年3月7日〜12日に開催されました。 さまざまな価値観やバックグラウンドを持つ世界の若者とともに自分達が暮らす社会の在り方について議論し、犯罪防止や刑事司法について理解を深めることを目的とした「ユースフォーラム」には、国内外から約120名の学生が参加し、龍谷大学からは法学部の4名が参加しました。そこで、犯罪学研究センター兼任研究員による指導のもと、2019年度から犯罪学に関連した基礎学習やプレゼンテーション技術の向上に励んできました。