Need Help?

Criminology Research Center(CrimRC)

犯罪学研究センター

犯罪学CaféTalk

犯罪学cafetalk

犯罪学研究センター(CrimRC)の研究活動に携わる研究者について、気軽に知っていただくコーナー。研究の世界に馴染みのない方も、これから研究者を目指す学生の皆さんにも、是非読んでほしい内容です

武田 俊信 教授(本学文学部/犯罪学研究センター 司法心理学ユニット)SEE MORE
武田 俊信 教授
武田先生にとって研究とは?『自分を試す』
「自分を試すことですね。そして、研究の結果として、社会や将来の世代に貢献できるというのが魅力的だなと思います。私は主に英語の論文を書いているのですが、その論文を専門雑誌に投稿すると、日本の研究者なんか全く知らないようなその道のエキスパートたちが私の論文を評価するのです。論文の内容そのものによって、見ず知らずの海外の方にも評価されうる点が、私にとっての研究の醍醐味です」
玄 守道 教授(本学法学部/犯罪学研究センター「性犯罪」ユニット研究員)SEE MORE
玄 守道 教授
玄先生にとって研究とは?『知りたいことの解明』
「自分が知りたいこと・解明したいことがあって、それをなんとか本を読みながら考えて、結果を出すということの繰り返しです。もちろん1つの論文で答えが出るわけでもないですし、10年経ったから完全に解明できたとは思いませんが、その時々で自分が知りたい、もっと深く追求したいことを調べて、自分なりの結論を出すということです」
加藤 武士 氏(木津川ダルク代表/犯罪学研究センター嘱託研究員)SEE MORE
加藤 武士 氏
加藤さんにとって研究とは?『回復を伝える』
「依存症からの回復とは、リカバリーという言葉があるように『元の状態に戻る』ということなんですが、僕たちは回復だけでなく、成長までが1つのプロセスだと思っています。つまり、薬物を使わない生き方を日々継続しているということが、回復と成長に繋がるのではないかと思います。決してゴールはありません」